体 験 談


相談・供養・祈祷・等







「ご神仏の存在を感じて・・・」



      日蓮寺助体院様に治療に通い始めてから、20数年となりました。数多くのご神仏
     

     様に見守られている、といつも感じながら生活をしております。治療後にいつも外

     にある馬頭観音様に手を合わせ、お祈りをしていると瞼の中に赤い色が入ってきて

     いました。なんだろうといつも思っていました。そして自宅で夜に眠っていると、

     大きな金色の光の輪がいくつもカランコロンと心地良い音色と、金色の紙吹雪が降

     っているのを眺めている自分がいました。また、ある日は、お線香のにおいで目が

     覚めたりしたこともありました。そのたびにご神仏様がそばにきてくれ、いろんな

     ものを見せてくれたんだと思い、同時にありがたい気持ちでいっぱいになりまし

     た。そのような中で今でも忘れるこのできないことが、昨年の秋にありました。少

     し離れたところにある、平鳳院の大きな日蓮大上人様にお祈りをしたときのことで

     す。手を合わせた時から目の前に今まで見たことのないピンク色から真っ赤な色、

     そして紫色へと変化していきました。「こんな色見たことがない」と衝撃を受けま

     した。きっと何かご神仏が感じえてくれ、いろんなものを見せてくださっているの

     だろう、といつも感じてます。本当にいつもありがとうございます。      
                                          
                                大仙市 S・I